IWA Resource Recovery Cluster Best Practice Award 2023

2023年11月1-4日に,中国・深せんで開催されるIWAの国際会議 “5th IWA International Resource Recovery Conference” にて,水分野における資源回収と循環に関する優れ事例(フルスケール規模)に対する表彰が行われます。
現在,この選考に向けた募集が行われております。
※ この会議はおよそ2年に1回開催されているものです。

応募期限: 2023年10月20日
申し込み,詳細はこちら(→) ※ 入力内容はごくわずかです

■ 選考基準:
・Innovative character of the best practice in resource recovery(革新的であること)
・Replication potential(他への適用が可能であること)
・Positive environmental impact(環境改善に資すること)
・Active cooperation with all stakeholders within the value chain of the recovered resource(回収物の流通段階における関係者と協力関係があること)
・Positive business case(ビジネスとして成り立つ事例であること)

■ 過去の受賞者
2019: HighCon, RR from concentrates (TU Berlin and partners, Germany)
2017: Anyang wastewater plant, RR of water and energy (POSCO Engineering and partners, South Korea)
2015: Upcycling lime pellets from drinking water plants (Reststoffenunie/AquaMinerals and partners, the Netherlands)

論文掲載

当委員会のメンバー,琉球大・山岡 賢先生の論文が農業農村工学会論文集に掲載されました。

山岡 賢, 仲村 一郎, 金城 和俊, 遠藤 雅人, 山科 芙美香, 山内 千裕, 2023. 農地還元に向けた養殖水槽の沈殿固形物の性状及び塩分についての考察. 農業農村工学会論文集, 91(2), I_149-I_155.

論文はこちら(→)

神戸市東灘処理場 見学会報告

2023年9月19日に,神戸市東灘処理場を見学させていただきました。

阪神・淡路大震災による被害と復興から,メタンやリンなど様々な資源を回収する試み,そして将来の計画まで,時系列に沿って丁寧に取り組み内容をご説明いただきました。その後,施設も見学させていただきました。とても参考になりました。

2023.9.13 国際シンポジウムのご案内

京都大学にて以下の国際シンポジウムが開催されます。
 ※ 当委員会メンバーの京都大・藤原拓先生,野村洋平先生が発表されます。
興味のある方はぜひご参加ください。

“International Symposium on Management of Emerging Pollutants in Water and Waste”

日 時:2023.9.13 (Wed) 13:00-17:15
場 所:京都大学桂キャンパス  ※ オンラインでの参加も可能です。
参加費:無料

※ 参加申し込みが必要です。

詳細・申し込みはこちら(→) ※ 9/13 10時〆切

2023.9.15 国際ワークショップを開催します

“Polish-Japanese Workshop on Circular Economy in Agriculture and Agro Industry”

京都大学,高知大学,当委員会の共催で,上記ワークショップを開催します。
ふるってご参加ください。

日 時:2023.9.15 (Fri) 13:00-17:10
場 所:京都大学桂キャンパス  ※ オンラインでの参加も可能です。
参加費:無料

※ 参加申し込みが必要です。

申し込みはこちら(→) ※ 9/8 正午〆切
詳しくはこちら(→)をご覧ください。

2023.9.15 講習会を開催します

9月15日に「マイクロコントローラー・Arduino を使ったセンサー測定と制御に関する基礎講座」と題する講習会を開催します。コンピューターを使った計測・制御に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

詳しくはこちら(→)をご覧ください。

※ 参加申し込みが必要です。

第26回日本水環境学会シンポジウム

2023年9⽉20⽇(⽔)~22⽇(金)に,大阪大学吹田キャンパスにてシンポジウムが開催されます。(全体の案内はこちら→

当委員会のセッションは以下のとおり予定されています。
ぜひご参加ください。 

※ 参加申し込みが必要です。

日時: 9 月 20 日(水)13:30~17:00
会場:F会場
セッションタイトル:「農業・農産業の持続可能性に貢献する水環境研究とは」

13:30~13:35 趣旨説明

13:35~14:20 カスケード型資源循環システムによる持続可能な施設園芸を目指して
藤原 拓(京都大)

14:20~15:05 農村地域における処理水・汚泥利用の発展性と今後の研究の重要性
治多伸介(愛媛大)

15:10~15:50 持続可能な農業とこれからの資源循環
林 岳(農林水産政策研)

15:50~16:30 昆虫の飼料化利用と水畜産業の持続可能性
瀬山智博,平康博章,大福高史,谷本秀夫(大阪府・環農水研)

16:35~17:00 全体討論